Google Play残高を現金化する3つの方法

財布からはみ出した一万円札

はじめに

急にお金が必要になった場合、消費者金融や銀行のカードローンを利用するというのも一つの手ですが、いずれの場合も審査を受けなければならず、人によっては面倒に感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、今回ご紹介する『Google Playカードの残高の現金化』は、消費者金融や銀行のカードローンとは違い、審査が不要なため、覚えておいて決して損がない方法の一つとなっています。

では、Google Playカードの残高を現金化する方法としては、具体的にどのような方法があるのでしょうか?

金券ショップを利用

商品券やギフト券、切手などの買取というイメージが強い金券ショップですが、実はGoogle Playカードの買取を行っているところも多数存在し、身分証明書(未成年者の場合は親の同意書)とGoogle Playカードを持っていくだけで、すぐに現金が手に入れることができます。

利用範囲が限られているということもあり、amazonギフト券ほどの高い換金率は期待できないものの、すぐに現金が手に入る便利な方法の一つであるのは間違いありません。

買取業者を利用

現在はGoogle Playカードの買取を行っている業者も存在し、このような業者では金券ショップよりも高い換金率で買い取ってもらうことが期待できます。

さらに、24時間365日お申し込みを受け付けていたり、振込手数料を無料にしたりなど利用者にとってありがたいサービスを提供しているところも存在しますが、中には悪徳業者も含まれていますので、利用する際にはその会社の口コミなどをよく調べた上で利用するようにしてください。

オークションサイトを利用する方法

オークションサイトにGoogle Playカードを出品し、落札金額によって現金を手に入れるという方法です。オークションサイトの場合は、金額を自分で決めることができるため、高額の現金が手に入ることが期待できます。

ただし、オークションサイトの利用規約でGoogle Playカードの出品が不可となっているサイトも存在するため、利用前には出品が可能であることを確認した上で出品するようにしてください。

まとめ

今回はGoogle Playカードを現金化する3つの方法についてお話ししてきましたが、自分に合った方法が見つかりましたか?私個人的なことを言わせてもらえば、買取業者を利用する方法を最もおすすめしたいわけですが、もちろんその他の2つの方法に関しても決して悪い方法ではありません。

使わずに眠っているGoogle Playカードをお持ちの方は、ぜひ今回のお話を参考にGoogle Playカードの現金化に挑戦してみてください。