murisoku

カードローンを契約する際に無利息期間が存在する消費者金融や銀行があります。日数こそ限られていますが、特に短期間の利用であれば大変お得なサービスだといえます。

無利息期間のある消費者金融

大手消費者金融のプロミス、アコム、アイフルの3社では新規の契約時に限り、30日間無利息になるサービスを行っています。これを利用することで、30日以内の借り入れであれば完全に無利息で行うことができます。

この3社ではプロミスのみ多少性質が違い、アコムとアイフルでは契約を行った日の翌日から30日間が無利息になります。この期間中に借り入れを行わなかった場合でも30日間経過してしまうと無利息期間は終了してしまいますが、プロミスでは最初の借り入れを行った日より30日間になっています。

よってプロミスなら契約と同時に借り入れを行わなくても、実際にお金が必要になった時から無利息期間が利用できるので大変便利です。

またプロミスで無利息期間を利用するには条件があり、契約時にメールアドレスの登録と、利用明細書をWEB明細に設定する必要があります。

銀行でも無利息期間があります

銀行のカードローンでは、新生銀行のレイクと楽天銀行がこの無利息期間のサービスを提供しています。レイクは元は消費者金融ですが、現在では貸金業務が新生銀行に移管され、新生銀行のカードローンの名称になりました。その為、銀行のカードローンにしては金利が高く設定されていたり、他の銀行では行っている専業主婦への融資を行っていないなど、利用者から見た場合、消費者金融に近いかも知れません。

そのレイクでは5万円以下の借り入れに対して、契約の翌日より180日間の無利息期間を設けています。これは少額を希望する場合は大変お得なサービスです。この期間中に返済を行えば利息は全く掛かりません。また借り入れ金額が5万円より上の場合でも、30日間無利息になります。そしてこの2つの無利息期間は同時に利用することが可能なのです。

例えば契約時に30万円の借り入れを行い、30日以内に25万円を返済した場合、残りの5万円に対してそのまま180日まで無利息になるのです。これをうまく使うことで、利息をかなり抑えることが可能だといえます。

楽天銀行ではカードローンの契約と同時に楽天銀行の口座を開設することで、契約の翌日から30日間無利息になるサービスを行っています。既に口座を持っている場合はこのサービスを利用することはできません。

実際にどれくらい得になるの?

例えば金利が18%の消費者金融で30日間の無利息期間を利用した場合と銀行の平均金利である14.5%で無利息期間なしで利用した場合を比較すると、同額の借り入れで約150日間までは無利息期間のある消費者金融の方が支払う利息が少なくなります。(18%で120日分と14.5%で150日分の比較)

無利息期間を過ぎてしまった場合、その日から利息が発生します。上のケースでは31日目から利息が発生し、約150日目までは30日間の無利息期間がある消費者金融を利用した方が銀行から借り入れを行うより利息を抑えられるということになります。

デメリットは全くありません!

この無利息期間のサービスを利用するデメリットは全くありません。むしろすすんで利用するべきだと言えます。特にレイクでは5万円以下の借り入れであれば180日という、約半年もの間無利息になるという他にはないサービスを提供しています。金額こそ少額ですが、その金額までの利用であれば一番に利用を考えていいと思います。

またプロミスではメールアドレスの登録とWEB明細への切り替えが無利息サービスを受ける条件になっていたり、楽天銀行では契約時に同時に口座を開設することが条件になっています。このようにサービスを受ける条件がある場合、事前に確認しておきましょう。