キャッシングに必要な書類とは

キャッシングを行う際にはいくつか書類を用意する必要があります。
自分の状況や借入額などによっても必要な書類は変わってきます。
実際に借入を行う際にはどんな書類が必要になるか知っておくとスムーズな借入が行えます。

絶対に必要な身分証明書

お金を借りる際には必ず身分証明書が必要になります。
これは借入先がどこでも変わりませんし、借入金額が少額でも必要になります。

身分証明書で最もメジャーなのは運転免許証です。
基本的には運転免許証の提出で問題ありません。
所持していない場合はパスポートや健康保険証などでも問題ありません。

ただし証明書の種類と借入業者によっては2つ以上の提出を求められる場合があります。
運転免許証では1つで済みますので所持している場合は素直にこちらの提出をした方がよいでしょう。

借入額によっては必要になる収入証明書

キャッシング利用時の借入額によっては収入証明書が必要になります。
収入証明書とは源泉徴収票のような収入を証明する書類を指します。
業者によって対応している書類の種類にばらつきがあるため注意が必要です。
給与明細数ヵ月分というような形で対応してくれる場合もあります。
個人事業主などの場合には確定申告の写しなどでも対応してもらえる場合があります。

基本的に消費者金融では50万円以上または複数の借入の合計が100万円以上になる場合には収入証明書が必要になります。
銀行ではばらつきがありますが300万円程度までは収入証明書が必要ないと思って良いでしょう。
ただし、個人事業主などの収入が不安定な職業の場合はこの限りではありません。

専業主婦のキャッシングに必要な書類

また専業主婦の場合は必要な書類が少し増えます。
そもそも専業主婦は自分で収入を得ていないため配偶者の収入から返済する事になります。
そこで配偶者の同意書が借り入れには必要となってくるのです。
更に婚姻関係を証明するために住民票の提出も求められます。

ただし、この必要書類は一部銀行では不要になる場合があります。
例えば楽天銀行のカードローンでは同意書も住民票も不要です。
多くの銀行では必要ではありますが、銀行によっては必要書類が減らせるという事も頭に入れておきましょう。

借入方法を選べば必要な書類は減らせる

ここまで紹介してきたように身分証明書は必須ですが、その他の書類は減らす事ができます。
特に少額の借入であればほとんどの場合は身分証明書のみで借入可能です。
専業主婦のような特殊な借入でも利用する銀行を選ぶ事で最小限の書類で借入ができます。

自分がいくら借りたいのかという点をしっかりと考えて簡単に申し込みをできる業者を探してみましょう。