沢山の一万円札

できるだけ換金率の高い業者を選ぶことが大切

クレジットカード現金化の換金率とは、現金化を利用する金額に対して実際に振込まれる現金の金額がいくらになるかを表しています。

たとえば、10万円の現金化をするときに、換金率が90%なら9万円、95%なら9万5千円が振込まれます。現金化サービスには必ず基本の換金率が定められていますので、業者のホームページでしっかり確認することが大切です。

さらに、基本換金率以外に現金化される金額に影響することとして主に以下のようなものがあります。

  • 現金化する金額
  • 利用者の属性
  • キャンペーンの有無

クレジットカード現金化では、基本的に利用する金額が大きいほど換金率は高くなります。少額ずつ頻繁に利用するよりも、まとまった金額を利用した方が換金率の条件がよくなる場合があります。

利用者の属性としては、個人なのか法人なのか、男性なのか女性なのかで換金率が変わる場合があります。女性が現金化を利用するときは、女性の方が換金率が優遇されている業者だけを選んで検討するのもひとつの方法です。

さらに、特定の条件を満たしたときに適用される期間限定キャンペーンで換金率が下がることがあります。1ヶ月に1回だけ特定の日付がキャンペーンの対象になったり、特定の曜日に申し込みをすると換金率アップするということがあります。

自分が申し込みするときの条件で適用できるキャンペーンがないか探してみましょう。

換金率に含まれない諸経費に要注意

現金化を利用するときは、基本の換金率以外にかかる諸経費もしっかり確認する必要があります。ホームページに記載されている換金率は高くても、手数料を引くと振込まれる現金がかなり少なくなるということもあるからです。

よりよい換金率でカード現金化を利用するには、当然手数料が少ない業者を利用することが大切です。例えば、利用する業者によっては基本の換金率をかけたあとの金額に、さらに事務手数料などの名目で別の手数料が上乗せされることがあります。

また、現金化したお金を振り込んでもらうときに振込手数料が業者負担なのか利用者負担なのかも確認しながらよりよい業者を選びましょう。

こういった手数料は、ホームページのサービス案内には大きく記載されていないこともありますので、申し込みのときにしっかりと確認することが大切です。

はじめて利用する業者はメールだけで済ませるよりも、電話で確認しながら申し込みをした方が安心して手続きができます。