蛇口の水漏れの原因を解説!

蛇口からの水漏れは生活をする上で気になるものです。油断すると水が溜まってしまい衛生的にもあまり良い状況とはいえません。

というわけで今回は蛇口の水漏れの原因についてみていきましょう。

引合※自分でできる排水管や排水口の詰まりの直し方 http://www.forst-holz.com/自分でできる排水管や排水口の詰まりの直し方/

蛇口の水漏れを修理中

蛇口の種類別の原因

蛇口の種類によって水漏れの原因は異なります。まずはその辺りから確認していくことは重要です。

シングルレバー混合水栓

現在の主流となる蛇口がこのシングルレバー混合水栓。1つのレバーで水の出具合や温度を調節することができます。上下に動かせば水量を、左右に動かせば水温をコントロールできる蛇口です。

この蛇口の水漏れ原因は主に内部に取り付けてある「バルブカートリッジ」というパーツの劣化となります。このパーツ内部のナットやパッキンの不良などが水漏れを誘発しているのでカートリッジごと取り替えれば直る可能性は高いのです。

ハンドル混合水栓

こちらはお湯と水のハンドルが両側に取り付けられ、中央のパイプから水が流れるというもの。お湯だけ出すときはお湯のハンドルだけを回せばでますし、水の場合は水のハンドルだけを回せばでるという形式です。

一昔前の住居で主流となっていた蛇口になります。水漏れの原因は主にパーツに使われているナットの緩みとパッキンの不良です。

特にナットの締め付けは簡単にできるので水漏れが起こったらまずは試してみたいところ。パッキンの交換となると蛇口を分解する必要が出てきます。

単水栓

学校や昔の住居に使われているタイプのシンプルな蛇口になります。お馴染みのタイプではありますが内部構造はしっかりと作られているため修理の際にはしっかり手順を確認しながら行いましょう。

水漏れの原因は内部のケレップ(水栓パッキン)というパーツやゴムパッキンの劣化が主なものとなります。

元栓をきちんと締めてから修理すること

蛇口を修理する際に絶対にやらなければならないことが「事前に元栓を締める」こと。水道には常に圧力がかかっていて蛇口がその圧力をせき止めている状態です。

もし元栓を締めずに蛇口を取り外したならかかっていた圧力が一気に解放されるため水浸しになってしまうでしょう。

不安なら業者に頼もう

蛇口の修理は細かい作業が必要になってきます。興味や自信があるなら自分で作業するのがベストですが、作業に対して不安を抱いているなら業者に頼むと良いでしょう。

専門家の手による修理は迅速ですし、何より丁寧に仕上げてくれるものです。