スマホを笑顔で操作する女性

姓名判断とはどんな占いなのでしょうか?

その人の性格や向いている仕事や健康運や結婚運などを姓名から判断する占いのことです。姓名がその人物の先天的な運命・後天的な運気と密接に関係しているという考えが基礎になっています。

姓名を調べて、その人の吉凶を鑑定して運勢を見てゆきます。芸能人や会社が開運するために姓名判断で改名することもあります。

日本では姓名がそれぞれの運命に強い影響力があるという考えがあるからでしょう。

姓名判断の一般的な占い方

現在は姓名判断の流派も細分化しており、占い師による画数の数え方もまちまちです。ですが主流になっているのは次の5つです。

引証=電話占ウィル口コミ https://www.denwauranaichan.com/denwauranaiwill/

1番目は<天格>です。
これは姓の総画数で鑑定します。祖先から受け継がれている運勢を占います。人間の晩年になればなるど影響力が強くなるといいます。

天格だけで吉凶を占うことはありません。ですが、姓名の画数の関連は姓名判断の場合にはとても重要です。結婚すると配偶者の姓に合わせることになるのが一般的です。

配偶者の一人は天格が変わり、総画も変わることになります。

2番目は<人格>です。
これは姓の最後の字と名の第一字の画数と足したものです。その人の人柄・内面・全体運を占います。特に中年期の運勢に強い影響があるとされています。

結婚運・仕事運・家庭運を見る場合に使われます。

3番目は<地格>です。
これは名の全画数を足したものです。幼少期の運勢が鑑定できます。成長していくプロセスに大きな影響があります。性格・向いている仕事・金運などの関係してきます。

4番目は<外格>です。
これは総格から人格を引いた画数です。対人関係・職場環境・家庭環境などの運勢が占えます。吉数ならば、人間関係は良好になります。

5番目は<総格>です。
これは姓と名の全ての画数を足したものです。才能や性格など人生トータルの運勢に関係してきます。年齢を重ねることによって影響が現れてくるとされています。